KC新聞の説明書

KC新聞の説明書

競馬クラスターのメインコンテンツ。
『KC新聞』の見方や新聞に掲載されている内容を各項目に分けて解説しています。

競馬初心者の方やKC新聞が難しいと感じた方には、分かりやすさを追求した『KC新聞ライトβ版』を別途発刊しておりますのでぜひこちらもお読みください。
『KC新聞ライトβ版』の説明はこちらから

それでは説明してきます。

『KC新聞』の見方


『KC新聞』は大きく分けて
①レース情報
②推定平均配当、推定回収率表
③買い目分析
③過去レース分析

の4つで構成されています。

①レース情報


・開催日
・競馬場、レース番号、レース名
・コース、距離、出走頭数
基本的なレース概要を記載しています。
RPT(レースパターン)
レース波乱度を表す競馬クラスター独自指標です。RPTは1~13まで存在し、数字が大きいほど堅い決着になりやすい特徴があります。RPTの背景色は3連単の『平均配当』を基準とし、平均配当が高くなるにつれて青→緑→赤に変化します。同じRPTの中でも堅いレース・荒れるレースを判断する参考にして下さい。

RPTの詳細はこちらから

②推定平均配当、推定回収率表

推定平均配当は過去のレース結果を分析し算出しています。同じRPTであっても出走頭数や競馬場など条件によって数値が異なりますので、こちらも併せて堅いor荒れるの判断にご活用ください。

『KC新聞』のウリである推定回収率表
過去の類似レースを独自分析。
全頭の推定オッズ、勝率、連対率、複勝率さらには単勝回収率と複勝回収率まで掲載しています。今までの競馬新聞では知り得なかった馬券効率の良い馬(期待値の高い馬)が分かる画期的な新聞となっています。

■推定回収率表Aの見方

回収率表には枠色に対応した馬番や馬名といった出走馬情報はもちろん、推定人気を示したC人気、過去のレース結果を基に独自分析して算出した推定オッズを記載しています。当日オッズと比較して『過小・過剰』の参考にしてください。
過小・過剰の解説はこちらから
また、メンバーのマイネールさんが有料オープンチャットにて公開している「足りている馬」をKC新聞に実装。該当馬の馬名はオレンジ色で区別していますので軸馬、相手選びにご活用ください。

「足りている馬」とは・・・
過去レースから馬券に絡む(3着以内)力を示せた馬。

※「足りている馬」は現在、南関競馬のみの実装となります。中央競馬では実装しておりませんのでご了承ください。
 
■推定回収率表【B】の見方

勝率、連対率、複勝率は推定オッズと同様に過去のレース結果を基に分析した想定数値です。単勝回収率、複勝回収率も各レースごとに分析しており、100%を超えている場合はオレンジ色に区別しています。この部分をメンバーをはじめユーザーの皆さんは「光っている」と呼んでいます。
この光っている部分を中心にその上下を含め「ゾーン」と呼び、期待値が高い馬を知ることができます。
そして、全項目を点数化しS~Dまでの五段階で順位付けした総合評価を新たに追加。馬券効率の良い馬(回収率の高い馬)が一目でわかる仕様になりました。

※回収率表は馬単体での数値となります。買い目分析とは異なりますのでご注意ください。

③買い目分析

KC新聞の買い目分析には
・出現率分析
・和の買い目分析

2つのパターンが存在します。
それぞれ異なる分析から馬連と3連複の買い目を記載しています。

■出現率分析の見方

出現率分析はそのレースにおいての馬連、3連複の出現率の予測値を回収率つきで掲載しています。期待値高い目や買い目の推定オッズをレース前に把握することができます。
買い目に関しても光ってる部分を狙うのはもちろん、回収率が低く効率の悪い買い目を避けるなど馬券の取捨選択としても活用できますので参考にしてください。

■和の買い目分析の見方


和の買い目分析は過去の類似レースにおける馬連、3連複の決着とC人気の組み合わせを分析した結果を表しています。

・C人気合計値
馬連:1~2着のC人気の合計です。
3連複:1~3着のC人気の合計です。
・出現率・該当数
該当レース数からの結果数値です。
・回収率
その合計値の回収率合計です

活用法の具体例はこちらから

④過去レース分析

■枠順別成績

一般的に公開されているデータは頭数を加味していないものがほとんどですが、競馬クラスターの枠順成績は出走頭数別に算出しています。

■騎手別成績

騎手別成績は「競馬場・コース・距離」の条件から過去10年分の成績を掲載しています。回収率の点から買える騎手、買えない騎手の判断が可能です。

■種牡馬別成績

種牡馬別成績も「競馬場・コース・距離」の条件から過去10年分の成績を掲載しています。相手選びに迷った際は、成績から回収率の高い馬を選んでみてもいいかもしれません。

■厩舎毎成績

厩舎ごとの成績は「競馬場・距離」の条件から基本的に過去3年~10年分の成績を掲載しています。成績数が極端に少ないと判断した場合は距離条件を省いて掲載する場合もございます。