競馬は壮大なオッズゲームであり、間違い探しゲームである

競馬は壮大なオッズゲームであり、間違い探しゲームである

競馬は『勝てる馬を探す』ゲームをしてる人がほとんどですが、みんなが強いとわかっている馬は【過剰評価な馬】になりがちで、回収率重視で考えると、そこはあまり重要ではありません。何が1番重要かというと競馬は【過小評価な馬】を探しだし、買い方により回収率が大きく変わってしまう間違い探しをする【オッズゲーム】てあると認識することです。そもそも強い馬はオッズに反映されてますから。

一旦、昔から競馬をしている人にもわかるように説明していきますね。

2021競馬業界の現状

私(BB)は競馬歴は2年程度で馬の歴史など全く知りません。ただメンバーにはテルケイバさんを始めとしたデーモンKさんなど、沢山の人から競馬思考を学びました。若干仮説も含めてになりますが、私の見解にて競馬業界の現状を述べます。

数年前の競馬が上手い人(勝ってる人)は、穴馬(過小評価)を探すのが上手かったと思います。というか穴馬になる特徴(ネタ)を知っていたんだと思います。

例えばですが、『前走不利を受けた馬』や、『得意なコースがある馬』など条件は、多岐に渡ります。それが、インターネットの普及により、この手の穴馬になり得る情報が簡単に手に入ってしまうようになった為に、これまで穴馬だったはずの馬が穴馬ではない状態が起こっているように感じます。

『思ったより人気してしまった』

こんな経験最近多くありませんか?

これがすべてだと思います。

では、どうやって穴馬(過小評価な馬)を探すのか?これは、KC新聞やメンバー推奨で大体解決してくれますので、そうではなくて、買い方でこんなに、回収率が変わるのか

のオッズゲームの話(本題)していきます。

買い方で回収率が大きく変化する

ここから『絶対教えたくなかったこと』を言いますね。意外に知らない人が多いのと、衝撃な事実をつい最近のレースで説明していきます。

みなさん

単勝=馬単全通り=3連単1着固定全通り

これ全部一緒なのはわかりますよね?

買い方が違えど結果は一緒。1着を当てる買い方になっています。

では、この記事書いてる時では、先週の2021.7.11の小倉11RプロキシオンSより説明していきます。

結果はこのような感じ

単勝③1,980円(当日9番人気)

と言うことは

馬単③からの全通り(均等配分)の合成も1,980円になるのか?

やってみましょう

JRA-VANでやると簡単にわかります

馬単だと2,060円!!

差額は、80円だけど回収率で考えると+4UPすることが判明🤒

んんん?

3連単はどうなるんだ?

3連単③1着固定の全通り2,120

14%(笑

みなさん知ってましたか?

ただ

今回はまだまだ続きがありまして

当日2番人気だった

⑨ウェスタールンド 単勝4.7

これで試すとどうなるのか?

いってみましょう 

画像はまとめてしまいますね

数値は約です

単勝   470

馬単全  415

3連単全 374

なんと?!⑨の単勝を買うならば【単勝】が1番回収率が高いという結果になりました。

先程の③(9番人気)と逆の結果になっていますね。

374円と470円って回収率でみて21.5%も変わってしまうのですよ。3連単買って負けてる人とくに、回収率80%切ってる人は、まずコレが原因でしょうね。『人気上位の馬の3連単を頭から買っている』身に覚えがある人多いのではないでしょうか?

まとめ

上位人気の1着を買うなら【単勝】

下位人気の1着を狙うなら

3連単1着固定全>馬単全>単勝

競馬は買い方で回収率が20%以上も変わってしまうオッズゲームであること、馬の過剰・過小を見極めて買い方含めた間違いを探すゲームであること。

馬みるより、血統覚えるよりこっち先に覚えるべし。

※基本的な考え方で必ずこのパターンになるわけではないのでご注意を、