競馬クラスター新聞(KC新聞)のC人気と当日人気の乖離について

競馬クラスター新聞(KC新聞)のC人気と当日人気の乖離について

競馬クラスター新聞(KC新聞)のC人気と当日人気の乖離について

いつもKC新聞ご愛読ありがとうございます。長く使ってるとよくあるのですが『C人気と当日人気の乖離』

C人気1番なのに当日人気5番人気

買った方がいい?どうすればいいの?

有料オプチャやDMなので質問も多いのですが、基本は過小狙いがあってます。ケースバイケースですけどといつも答えていますが、ここについて詳しく説明していきます。

今回使用するデータは

南関競馬の過去20,032レース

まず再度確認ですがC人気の信頼度は、これを見ても一目瞭然。完全にオッズ順に並んでいることがわかります。

ここで言う『オッズ以上』は左の平均オッズより上の場合の時【過小オッズな馬】

その逆で『オッズ未満』の場合の成績は右で【過剰オッズな馬】と言うようにみます。

ようするに

『左側か過小評価の馬』

『右側が過剰評価の馬』

です

KC新聞の『平均オッズ』もこの概念です

まず、左と右の『勝率』に注目します。

過小(左)の方が勝率(連対・複勝)が悪いことがわかります。だけども次に単回値率をみていくと、成績が悪くなるのに単回値率が上がってますね

そしてC7番人気を境目に左の単回値が下がってるが確認できます。

『上位人気の過小評価は回収率は上がる』が、『過剰評価は回収率が下がる』

『下位人気の過剰評価は回収率は上がる』

が『過小評価は回収率が下がる』

これが【基本の考え方】です。【RPT】や【頭数】により境目がレースにより若干変わりますが、だいたいのイメージはこうなります。

じゃあ、上位馬の過小評価だけ買ってれば勝てるじゃん!って思ったそこのキミへ。そもそものその馬の単回値をベースで考えないといけないので、単回値低い馬がいくら過小になってもダメなので、注意してください🧘‍♂️

中央競馬のデータでも比較

中央競馬のデータも48146レース公開しちゃいますね。

なんと!?C3番人気が境目になってますね。これはさっきも言いましたが【RPT】や【頭数】によって変化すると言った通りで、上手くKC新聞を利用して見極めてください。

まとめ

基本の考え方

上位人気の過小評価は回収率が上がる

下位人気の過剰評価は回収率は上がる