【2021年度】浦和競馬場の騎手別成績まとめ(浦和競馬の騎手攻略)

好評につき騎手別成績の第二弾!
今回は浦和所属騎手をピックアップ。
軸馬または穴馬選びの根拠の一つにぜひ活用してください。

※競馬場、距離別成績はKC新聞を参照してください。

騎手一覧【浦和所属】

【騎手リスト】※敬称略、五十音順
赤津和希
秋元耕成
内田利雄
岡田大
加藤和博
國分裕仁
高橋哲也
寺島憂人
中島良美
橋本直哉
半澤慶実
福原杏
保園翔也
見越彬央
吉留孝司

赤津和希

■2021年成績
<勝率>  1.8%
<複勝率> 12.5%
<単回値> 23.2%
<複回値> 72.3%

■買いポイント
4番人気以下、4枠までの内枠、7頭立て
牛房、富田、工藤
小林、岡田、川島厩舎

■マイナスポイント
長谷川、山越厩舎

成績を見て分かるように決して上手くはないが、なんと4番人気まで馬券内率が変わらない謎多き騎手。
買いポイント厩舎はどれも成績よりもかなり高い数値をマーク、だがそれ以外の組み合わせは壊滅的…
条件を絞れば十分期待できる場面があり、たまに持ってくる大穴に警戒。

秋元耕成

■2021年成績
<勝率>  3.5%
<複勝率> 15.2%
<単回値> 39.8%
<複回値> 59.9%

■買いポイント
小澤、鹿沼厩舎

■マイナスポイント
13頭立て以上

6番人気までの馬になれば馬券内率は水準以上ではあるが、とにかく1着率が全てにおいて悪い騎手。人気サイドなら頭ではなく2.3着で買うのがベター。上記2厩舎の時には成績大幅アップ。
複回値の悪さは他場成績が原因であり浦和以外ではオススメできない。

内田利雄

■2021年成績
<勝率>  4.5%
<複勝率> 21.3%
<単回値> 107.9%
<複回値> 114.1%

■買いポイント
1番人気

■マイナスポイント
特になし

調べてビックリ!
金になる浦和の「ミスターピンク」
弱点が特に無くしっかり馬の力を引き出せる。特に1番人気の時には複勝率は驚異の70%以上をマークしており、必ず軸に据えないと痛い目を見る。

岡田大

■2021年成績
<勝率>  5.8%
<複勝率> 19.4%
<単回値> 111.9%
<複回値> 57.8%

■買いポイント
特になし

■マイナスポイント
1番人気

買えるところがなく軸に据える際は覚悟が必要。まるで良い所が見つからず上位人気でも疑うべき。特に1番人気での成績が絶望的。

加藤和博

■2021年成績
<勝率>  4.5%
<複勝率> 19.6%
<単回値> 19.7%
<複回値> 58.0%

■買いポイント
特になし

■マイナスポイント
特になし

不思議と成績はどこを見ても弱点は無く勝率が悪い事くらい。馬の力より過剰に人気した馬を持ってくるのではないかというのが私の解釈。騎手で嫌う必要は全くない。

國分裕仁

■2021年成績
<勝率>  0.8%
<複勝率> 7.9%
<単回値> 10.2%
<複回値> 70.9%

■買いポイント
1枠

■マイナスポイント
ほぼ全て

良いポイントがほとんどなく軸でも紐でも買いにくい騎手。稀に上位人気への騎乗機会が訪れるが成績的に悲観する必要はなし。1枠の時には成績大幅アップのため、狙えそうな馬が1枠に入ってるなら狙う価値はある。

高橋哲也

■2021年成績
<勝率>  4.4%
<複勝率> 11.8%
<単回値> 43.0%
<複回値> 50.4%

■買いポイント
1番人気
平山、牛房、横山保厩舎

■マイナスポイント
吉田正美厩舎

基本的には買いにくい騎手だが、1番人気の場合は勝率40%と信頼度が高いことは覚えておこう。コンビを組む厩舎によって成績が大きく左右されるためポイントの厩舎だけでも把握が必要。

寺島憂人

■2021年成績
<勝率>  1.9%
<複勝率> 11.5%
<単回値> 36.8%
<複回値> 42.0%

■買いポイント
特に無し

■マイナスポイント
ほぼ全て

今年の成績を見ても正直買いにくい印象。強く推せるポイントも見当たらず、この鞍上なら不安を持った方がいいかもしれない。

中島良美

■2021年成績
<勝率>  2.9%
<複勝率> 11.8%
<単回値> 129.5%
<複回値> 53.6%

■買いポイント
1番人気

■マイナスポイント
ほぼ全て
特に2.8枠

結果を出すタイミングの掴めない騎手。時として超大穴の1着をあける『良美チャンス』が存在。1番人気の成績は水準並みで回収率も高いが記載の通り2.8枠は極端に成績が悪くまず買えない。大穴の頭に興味が無ければ基本は見送るが吉。

橋本直哉

■2021年成績
<勝率>  11.8%
<複勝率> 24.8%
<単回値> 94.1%
<複回値> 87.6%

■買いポイント
特になし

■マイナスポイント
1番人気

浦和所属では間違いなくトップを争う腕の持ち主で信頼度は高い。気がかりなのは噂の謎騎乗…。1番人気の成績も水準には大きく見劣り疑いが必要。

半澤慶実

■2021年成績
<勝率>  2.5%
<複勝率> 10.7%
<単回値> 63.8%
<複回値> 71.9%

■買いポイント
2.3.4番人気、小久保厩舎

■マイナスポイント
川村厩舎

成績の通りなかなか狙いにくい騎手。
2~4番人気では複勝率が上がり紐には買えるが1着率が悪いので注意。小久保厩舎とのコンビで勝率25%、反対に川村厩舎とのコンビは絶望的な成績で絶対に買ってはいけない。

福原杏

■2021年成績
<勝率>  7.4%
<複勝率> 20.6%
<単回値> 77.9%
<複回値> 65.7%

■買いポイント
8枠、水野、平山、斎藤敏厩舎

■マイナスポイント
特に無し

浦和競馬の次期エース候補の若手騎手。
8枠の成績は回収率が高く穴を開けてる印象。上記3厩舎とのコンビで主に馬券に絡む。南関4場を全て回っているが狙うはもちろん浦和で。

保園翔也

■2021年成績
<勝率>  4.3%
<複勝率> 22.0%
<単回値> 94.9%
<複回値> 77.1%

■買いポイント
小久保厩舎

■マイナスポイント
特に無し

福原騎手と並ぶ次期エース候補の一人。
弱点はなく無難に乗るタイプでどれも数字並み。小久保厩舎の馬を任される場合も多く、成績も優秀でこのコンビならマイナスは無い。

見越彬央

■2021年成績
<勝率>  3.8%
<複勝率> 13.1%
<単回値> 41.2%
<複回値> 59.8%

■買いポイント
水野厩舎

■マイナスポイント
ほぼ全て

勝つ時は1~2番人気に集中している分かりやすい騎手。しかし、決して成績が良いわけではないので頭を狙う時には注意が必要。水野厩舎とのコンビ成績が優秀、800mの電撃戦が得意舞台で単穴を開けるので要警戒。

吉留孝司

■2021年成績
<勝率>  6.7%
<複勝率> 27.6%
<単回値> 105.2%
<複回値> 127.5%

■買いポイント
特に無し

■マイナスポイント
特に無し

調べて分かった弱点のない浦和所属で最も期待値のある騎手。良いポイントは無いが悪いポイントも無いので、どんな条件でもそつなくこなす印象。狙い馬に騎乗しているならぜひ高目でも狙って欲しい。

まとめ

条件が合わなければ買わなければ良いと言うわけでは無く、新聞を利用して軸決めや最後のひと絞りに利用してください。

ポイントに挙げている部分に関しては、それぞれの騎手のトータル成績よりも馬券内率、回収率ともに上がる条件となります。

浦和競馬の場合は、大井や船橋を中心とする南関のエース級騎手に人気馬を持っていかれることが多いため、浦和所属騎手の勝率が軒並み低いことは仕方のないこと。
ただし、しっかりと条件が揃えば穴を開けるのは浦和所属騎手であると把握しておく事が大切だと思います。
上手く利用して競馬ライフを有意義なものにして行きましょう!!