お知らせ 競馬クラスター新聞のC人気の過小・過剰の回収率と期待値の関係性について

いつも競馬クラスターを応援していただきまして、ありがとうございます😊

Twitterで #競馬クラスターのハッシュタグでたくさんの的中🎯と回収率100%超えの収支報告をみて大変嬉しいです😊

今回は、KC新聞のC人気と回収率の関係性の記事になっています。よくありますよね?C1番人気なのに当日3番人気だったり、逆にC3人気なのに当日1番人気だったり。そして競馬クラスター民はよく『過小』しているだったり『過剰』してるだったり言いますよね(笑

基本概念として正解があるんです

今回は、過去20年50196レースを使って分析してみましたので、ぜひ馬券の組み立てにご活用ください。競馬は間違いななく勝てます。ただ簡単には勝てません。勉強し努力しましょう👍

頭数不問、障害レース除くデータです

C人気通り

画像1

まず人気通りの場合の分析です。これを軸として考えていきます。面白いのが総件数みるとわかる通りですがC2番人気以降はC人気通りになる確率が40%程度ということ。これによりほぼ全レースで過小・過剰の間違いが起こっていることがわかります。

あとは、大きく間違ってるレースを見極めることができれば…ですね😏

では、わかりやすく+3〜-3まで並べて比較してみましょう。

+3

画像3

+2

画像3

+1

画像4

C人気通り

画像5

-1

画像6

-2

画像7

-3

画像8

C1番人気 過小はすべて期待値上昇⤴️
C2番人気 -2までの過小は期待値上昇⤴️
C3番人気 過小はすべて期待値上昇⤴️
C4番人気 過小はすべて期待値上昇⤴️
C5番人気 -1,-3は期待値上昇⤴️

基本的な概念として
C1番人気〜5番人気
当日の過小人気は期待値はすべて上昇

実際には、想定オッズをKC新聞にて掲載しているので、その場合C人気も下がっています。上手くココの単勝を狙うのがセオリーであることと

過小が期待値高いということが言えます

ただ、ここからが難しくて期待値は上がるのですが、勝率が下がっていることがわかります。ここを理解しないとKC新聞で勝つこと、過小・過剰を理解することは難しいので徹底して覚えてください。

また、過剰の場合は全く逆な現象になり

C2番人気 過剰は期待値減少⤵️
C3番人気 過剰は期待値減少⤵️
C4番人気 ※基本過剰は期待値減少⤵️
C5番人気 過剰は期待値上昇⤴️

C人気上位の馬は軒並み期待値が下がります

勝率が上がるのです。

ちょっと難しかったですかね?💦 ぜひTwitterでわからないこともTwitterで #競馬クラスターのハッシュタグで共有してもらえらば、できる限りお答えします。明日はチャンピオンC。今のところ、過小・過剰がわかりやすく見えてますね😏

基本概念としてC人気上位4頭は

C人気より人気が落ちた場合(過小)勝率は下がるが期待値は上がる

C人気より人気が上がった場合(過剰)勝率は上がるが期待値は下がる

※画像も転載可能、過去新聞転載OK🙆‍♂️

ぜひぜひ、期待値の考え方を学んデータみんなで勝ってやりましょう!スキ❤️して帰ってね(笑